インテリア家具のソファやベッドで快適なお部屋を演出

ベットのサイズ

ベットを買うときどんなデザインにするか、どの位の予算などはある程度決まっていても実際に売り場に行くとベットのサイズで迷ってしまうことも少なくないようです。

特に、これはカーテンにも言えますが、素敵なインテリアショップなどのお店で見たときのベットのサイズのイメージと自分の家に持ち帰ってきた時のイメージはかなり違ってきます。ベットで場所を取りすぎてお部屋が狭い・・・なんて事にならないためにもまずはベットのサイズについて知識を身につけておきましょうネ!!

シングルサイズ(幅970mm×長さ1950mm)

その名の通り一人用のベットなんですが、実際に眠ってみると結構狭いんですよね!!もちろん、その人の体型によってもイメージは変わってくると思います。

痩せている人ならシングルサイズでも良いでしょう。逆に体の大きな人や寝相がとにかく悪い、ゆったりとして眠りたい・・・なんて人にはあまりお勧めできないサイズでしょう。その場合は、セミダブルのベットの方が快適に睡眠を取ることが出来るでしょう。

また、部屋のバランスを重要視する場合は、ベッドの種類やサイズにも十分気をつけましょう。6畳以下のお部屋ならシングルベット、8畳以上あればセミダブルのベットを置いても圧迫感は感じないと思います。ソファもベッドも欲しいという方にはソファベッドもオススメですね。ソファベッドは一人暮らしの方に人気です。

セミダブル(幅1220mm×長さ1950mm)

セミダブルと言っても2人用と言うわけではなく、一人用のベットとして使用することが多いようです。実際に私も以前2人用としてセミダブルのベットを使用していましたが、寝返りを打てない程、狭く不快な睡眠時間でした・・・。

お部屋の広さに少しゆとりがある方や、寝相が悪い方、体格の大きい人には断然セミダブルのベットがお勧めです。

ダブルベット(幅1400mm×長さ1950mm)

立派な2人用の大きさのベットです。2人で寝るのにちょうど良いくらいの大きさでしょう。さすがにこのタイプのベッドを一人で使う方はあまりいません。ダブルベッドを置く場合はかなりのお部屋のスペースを使用してしまいますから良く検討して買うようにしましょう。

時々玄関から入らなくて返品した・・・なんて話しも聞きますから・・・。他にも、搬入口はもちろん事、部屋へたどり着くまでの廊下や階段といった、搬入経路の確認もしっかりしておきましょう。お気に入りのベッドは、快適な睡眠を得る為の寝心地まで考慮して選んだと思いますので、これらの労力を無駄にしない為にも、部屋までの通路、入り口、部屋の間取りの基本スペースはしっかりと確認を行い、忘れないようにしましょう。

check

最終更新日:2017/11/24